ニキビ肌は洗顔フォームより固形石鹸!

ニキビ肌を改善するためには、毎日行う洗顔が特に重要であることは誰もが知っています。
誤ってニキビを潰してしまうとクレーター痕や色素沈着が起こってしまい、余分な皮脂が残るとアクネ菌のエサとなってしまうからです。
ニキビ肌対策のために作られたノンエー石鹸は、敢えて固形石鹸とした理由があります。

ニキビ肌に必要なものは適度な洗浄力

毛穴に余分な皮脂が詰まりアクネ菌による炎症を起こしている状態のニキビ肌は、外部からの刺激に対して通常の肌よりも敏感に反応してしまいます。
肌に刺激を与えすぎない成分のみで作られた固形石鹸ならば、しっかり泡立ててきめ細かな泡でニキビ肌を洗うとしっかり洗浄可能です。
ゴシゴシ洗うことは、肌の表面を傷つける原因となってしまうので、原則として泡で優しく洗うと考えておけば問題ありません。
手を固形石鹸で洗う時には、泡立てることよりも全体に塗布することを考えがちですが、洗顔はペースト状の洗浄成分よりも気泡で洗うと思うことが大切です。

きめ細かい泡を立てるために泡立てネットを使おう

きめ細かい泡をなるべく少ない成分で作り、Tゾーンから順番に優しく洗うことが出来れば、ニキビ肌がこれ以上悪化しないようにしっかり洗えます。
Tゾーンを先に洗い、Uゾーンを洗ってから最後に頬という順番にすれば、洗い流した時に皮脂を取り去る量が均一になります。
エタノールや界面活性剤を含まない固形石鹸の方が、炎症を起こしているニキビ肌には優しいわけです。
ノンエー石鹸が敢えて固形石鹸という形を採用している理由として、無添加にこだわっているからと考えられます。

洗顔フォームには余計な成分が多い

洗顔フォームは、メイクを落とすクレンジング時には洗浄力の強さから重宝されますが、ニキビ肌に対しては刺激が強い成分が多いために敬遠すべきです。
固形石鹸と比較した時に、洗顔フォームにしか入っていない余計な成分を知っておくとニキビ肌には合わないと分かります。

しっとりタイプの洗顔フォームにはコーティング剤が入っている

しっとりタイプの洗顔フォームは、界面活性剤により皮脂を除去した皮膚がつっぱらないように、コーティング剤が皮膚の表面を覆うように工夫されています。
コーティングされた皮膚は、乾燥こそ防げますが新たに分泌された皮脂の出口が詰まりやすくなるのでニキビ肌にとっては炎症を悪化させる原因となりかねません。

サッパリタイプの洗顔フォームにはエタノールや界面活性剤が多い

サッパリタイプの洗顔フォームには、皮脂を強力に取り去るためにエタノールや界面活性剤が配合されています。
固形石鹸よりも皮脂除去力が強く、確かにサッパリしますが同時に肌がつっぱりやすくなりがちです。
洗顔フォームに界面活性剤が過剰に配合される理由として、弱酸性をウリにするほど洗浄力が落ちるからです。

固形石鹸ならシンプルな成分で肌への刺激を抑えられる

固形石鹸は、弱アルカリ性という特性を持っているので、弱酸性の肌表面の汚れを吸着除去しやすい性質があります。
唯一泡立てにくいという点は、泡立てネットを使うことで手軽に泡立てることが可能です。
ノンエー石鹸は、泡立て時にきめ細かい泡が立ちやすく設計されているので、同じ泡であってもきめ細かい泡で洗うほどニキビ肌には適しています。
泡がきめ細かいほど、泡の表面積合計は大きくなるので皮脂と肌表面の汚れをしっかり洗い落とせるわけです。
合成保存料や鉱物油を使わずに無添加素材で作られたノンエー石鹸ならば、ニキビ肌に悩む人に刺激を与えずに優しく洗える石鹸として望ましいです。