ノンエーは赤ニキビに効く?

思春期ニキビや大人ニキビに関わらず、一度出来てしまったニキビは気になるものです。
しかし、赤ニキビは既にアクネ菌により炎症が発生している状態ですから、触れるほどに更に炎症が増えてしまいかねません。
では、なぜノンエーでしっかり泡洗顔することが赤ニキビ対策に良いのでしょうか。

赤ニキビになぜノンエーが効果的?

赤ニキビになぜノンエーが効果的?
赤ニキビとなっている状態は、毛穴内部で詰まった皮脂によりアクネ菌が増殖して炎症を引き起こしている状態です。
アクネ菌によりリパーゼという脂肪分解酵素が生み出されて、詰まった皮脂を遊離脂肪酸に分解してしまいます。
遊離脂肪酸は、毛穴内部の炎症を促進してしまうので、更に赤く炎症を起こしたり膿を伴い腫れてしまいかねません。

アクネ菌を殺菌しつつ炎症を鎮めるためになるべく刺激物質に頼らないことが大切であって、ノンエーによる泡洗顔と固形石鹸ならではのアルカリ性が効果的です。
ノンエーはアクネ菌の生存環境を崩し、同時に炎症も抑える成分が配合されているからこそ、赤ニキビに適しているわけです。

赤ニキビ対策は弱酸性の環境を作らないことが重要

赤ニキビ対策は弱酸性の環境を作らないことが重要
赤ニキビ対策を行う際には、皮膚表面に対して刺激を与えないことと弱酸性の環境を作らないことが重要です。
アクネ菌が生育する環境は弱酸性ですから、固形石鹸であるノンエーによるアルカリ性の環境はアクネ菌にとって生育できない環境となります。

ノンエーによる泡洗顔を実施した直後に肌のpH値を測定すると、弱アルカリ性となっていることからも、赤ニキビ対策にノンエーが有効だと分かります。
また、ノンエーには合成保存料や香料といった刺激物が一切含まれていないので、既に肌が炎症中であっても使用可能です。

余計な刺激を避けて抗炎症作用を持つ成分に期待する

余計な刺激を避けて抗炎症作用を持つ成分に期待する
ノンエーが赤ニキビに対して有効な働きを示す理由として、甘草から抽出されたグリチルリチン酸ジカリウムという成分が挙げられます。

歯槽膿漏対策の歯磨き粉にも含まれる抗炎症作用を持つ成分であって、ノンエーによる泡洗顔を行うことで、きめ細かい泡がグリチルリチン酸ジカリウムを毛穴内部まで届けてくれます。

ノンエーに記載されている成分表には、グリチルリチン酸ジカリウムが上位に掲載されていることからも分かるように、具体的な成分量までは記載が無いものの多く含まれていることは確かです。

ノンエーはきめ細かい泡が立つように設計されている

ノンエーはきめ細かい泡が立つように設計されている
泡立てネットを使うと更にきめ細かい泡が立ちますが、手のひらで泡立てただけであっても他の固形石鹸や洗顔フォームとは明らかに違うきめ細かい泡が立ちます。

赤ニキビに対しては、泡がきめ細かいほど毛穴の内部にまで洗浄力が届くので、赤ニキビ肌を優しく洗うことが可能です。
きめ細かい泡を使って軽くマッサージするように洗顔すれば、余分な皮脂を徹底洗浄しつつ抗炎症作用を持つ成分も行き届かせることが出来ます。

まとめ

まとめ
既にアクネ菌による炎症が起きている赤ニキビは、単に洗浄力が強いだけではなく洗い残しが起きないことから肌に余計な刺激を与えないために重要です。
アクネ菌が生存しづらいアルカリ性の肌環境を作るために、ノンエーは固形石鹸という形を採用しています。
抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムを配合し、きめ細かい泡立ちにより毛穴の奥深くまで洗浄出来る点がノンエーの利点です。