ノンエーで保湿はできる?

ノンエーは、薬用ニキビ専用洗顔石鹸です。
今回はノンエーの保湿効果について説明していきます。

ノンエーの保湿効果

ノンエーの保湿効果
通常の石鹸とは違い、細かい泡で泡立ちが良く、泡が簡単にはつぶれることがありません。
また、潤い成分として、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアが含まれていて、うるおい天然成分があります。
ですから、乾燥肌の人も安心して使うことができます。
汚れを落としながら、保湿も気にすることができる石鹸になります。
乾燥肌のニキビに悩む人におすすめの洗顔です。
少し使い方を注意するともっとより効果がでるかもしれないです。
汚れが落ちすぎて乾燥してしまう人も、保湿に気を付けたら、より効果も出てきます。

乾燥肌の人はノンエーを使った後は保湿を!

乾燥肌の人はノンエーを使った後は保湿を!
通常の石鹸でも洗顔をしたあと保湿をしますが、乾燥肌の人がノンエーを使ったあとも保湿をします。
ノンエーは弾力のある、細かい泡がたくさんできる洗顔石鹸です。
細かい泡は顔の上に乗せても簡単につぶれることなく、顔の上に吸着します。
その吸着するときに汚れが取れるのですが、乾燥肌の人はそのときに、必要な顔の成分まで落としてしまうこともあります。
ですから、洗顔の後にしっかりとした保湿は必要になってきます。
保湿として必要な乳液とクリームは、汚れがしっかり落ちていますので、肌に浸透しやすくなります。
乾燥肌の人は多少乾燥するかもしれませんが、しっかり汚れが落ちている分、必要な成分が中に入りやすくなるのです。

ノンエー石鹸は乾燥肌にも効く?

ノンエー石鹸は乾燥肌にも効く?
ノンエーには、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアという潤い成分が含まれています。
通常の石鹸には、潤い成分まで含まれていません。
乾燥肌の人は肌が敏感になっていることが多いです。
ちょっとした刺激で赤くなってしまったり、パリパリになったりします。

ノンエーはこれらの洗顔による副作用を軽減していきます。
乾燥肌の人は油分が減るだけで真っ赤になることもありますが、洗顔にこれらの成分が含まれることよって、そのような副作用を減らすことができるのです。
もちろんうるおい成分が含まれているからと言って、保湿をしないでいいわけでもありません。

洗顔のあとはしっかりと保湿をおこなっていきます。
また、ノンエーは細かい泡を立てることができますので、泡で洗顔をする格好となります。
ですから、ゴシゴシこするということはしません。
摩擦による肌への刺激はなくなりますので、乾燥肌の人も安心して使うことができます。
毎回泡で顔を洗うと、とても気持ちよいです。

ノンエーの正しい使い方

ノンエーは薬用ニキビ石鹸ですが、通常の石鹸のように泡立てることができます。
しかしながら、洗顔ネットを使うともっと細かく、多くの泡を作ることが可能です。
泡で顔を包み込むようにして、ゴシゴシしないで、泡で顔を洗うような洗顔をします。
そのあとぬるま湯などで、丁寧に洗い流していきます。
メイクはダブル洗顔でほとんど落ちてしまいます。
そのあと普段通りの保湿のケアをしていきます。

まとめ

まとめ
ノンエーは、乾燥肌の人も使うことができる薬用ニキビ専用洗顔石鹸です。
うるおい成分も一緒に含まれることから、乾燥肌の人にも使いやすい洗顔となります。
細かいつぶれにくい泡で、顔全体をおおいつくすようにして、泡で洗顔するように洗っていきます。
泡立てネットがあればさらに、たくさんの泡を作ることも可能です。

乾燥しているから余分に皮脂を出そうとしてしまい、結果的にニキビができてしまう乾燥肌のニキビにあっている石鹸です。

うまい具合に保湿成分が働いて、うるおいを逃さないで洗顔をしてくれます。
もちろん汚れもきちんと落としますので、ニキビができにくくなります。
乾燥肌でニキビに悩む人のおすすめの石鹸になっています。