ノンエーは1日何回も使っていいの?

ノンエーは石鹸の約4倍というきめ細やかな泡で、肌を傷付つけないように洗えるという優しく洗える石鹸です。

しっかりと毛穴の汚れを落とし、ニキビによる炎症を抑えるといった薬用成分やお肌に潤いを与える成分なども含んでいるので、ニキビに悩む方にとっては「ニキビがなくなるなら」と1日に何度でも洗いたくなるのも当然かと思います。

では、薬用なのに1日に何度洗っても副作用とかないのでしょうか。

正しい洗顔方法でする場合はOK

結論から言って、使い始めてお肌が「ヒリヒリする」とか「赤くなった発疹が出る」とかいった異常がなければ何度使ってもOKということになります。

推奨されているのは1日2回、朝と夜にということになっています。

朝起きた時と夜にお風呂の中でとか寝る前にというのが多いですが、ただ闇雲にノンエーを使って洗えばいいというわけではなく、正しい洗顔方法でないと逆にお肌にダメージを与えることになりかねません。

正しい洗顔方法で、お肌の様子を見ながら洗うのであれば朝と夜に限らず、メイクを落とした後やニキビが気になりだした時などにも、洗顔を行うといいでしょう。

では正しい洗顔方法とはどんな方法なのか、自分の普段の洗顔方法と比べてみてください。

まずは、手の汚れを落とすために手を洗います。

水よりもぬるま湯で洗うと汚れや手の皮脂などが落ちやすくなります。

そして、そのままぬるま湯で顔のニキビの原因でもある皮脂を洗い落とします。

ノンエーを手で優しく泡立て、顔全体に塗り広げていきます。

その後、お湯で泡を綺麗に洗い流し、水分をふき取ります。

ふき取る際にはゴシゴシこすらず、優しくポンポンとしながら水分をしっかり落とすのがコツです。

どうでしょうか。

洗顔方法といっても特殊な洗い方ではなく、ごく一般的な洗顔方法と変わりないと思います。

とにかく、お肌に刺激を与えるような洗顔方法では逆にお肌を傷つけてしまいますので、その点だけに注意して使用してお肌に異変がなければ1日に何度洗顔してもいいのです。

洗顔後は保湿をしっかりと!

ノンエーはニキビケアの薬用成分とうるおい成分のヒアルロン酸やリピジュア、スクラワンなどが含まれているからとはいえ、洗顔後の保湿当然必要です。

洗顔せっけんですから、ニキビの原因になる皮脂と毛穴の汚れを綺麗に落とした上で、配合されているうるおい成分により、洗顔後はお肌がカサカサしたり突っ張ったりといった状態になるといったことを防いではくれます。

しかし、洗ったら洗いっぱなしで保湿を怠ると、お肌を乾燥させて傷めてしまう原因になりかねませんので、洗顔後には化粧水を塗るなどの最低限の保湿は必要です。

ノンエーは、お肌や毛穴の汚れをしっかり落としニキビの予防や改善に役立つように開発された洗顔用せっけんに、うるおい成分をプラスしているので、使用後にはお肌の状態にもよりますが保湿がいらないと思わせる位に潤いが残る人もいます。

だからといって、誰でもうるおいが残るわけでなく、乾燥肌の人は時間がたつとノンエーによるうるおい成分だけでは足りなくなり、カサカサになったりして、ノンエーの効果をしっかり実感できないといったことになってしまいます。

ですから、洗顔の後は保湿するという、洗顔の基本はしっかりとしていくことでより効果を実感できるでしょう。

汗を拭くときの注意>

ノンエーで綺麗に洗顔して、お肌の乾燥を防ぐために保湿もして、ニキビ対策は万全と思っても、普段の汗の処理をいい加減にしているとニキビが悪化して、ノンエーの素晴らしい効果が台無しになってしまいます。

汗を放置しているとお肌に雑菌が繁殖してニキビが悪化しかねませんし、乾いたタオルで強くこすってしまうとお肌を傷つけてしまって肌荒れを起こしてしまいます。

では、フェイスシートなどの汗拭きシートで拭けばいいということになりますが、種類が豊富で「どれがニキビ対策に有効なの?」ということになります。

フェイスシートはニキビを悪化させないものを!

最近は、汗を拭くとスーッとすて気持ちいいものが多いですが、こういった爽快感があるものはアルコールの揮発作用で起こるのですが、この揮発作用でお肌の水分が失われるということを知っている人は多くないのではないでしょうか。

お肌の水分が失われてしまうと、カサカサしてニキビの悪化につながることは容易に想像できると思います。

ニキビの為には乾いたタオルでもなく、スーッとするフェイスシートでもないウエットなシートで優しく拭き取るのがニキビを悪化させなくていいです。

まとめ

ノンエーはお肌の汚れを落とし、お肌に潤いを与えてくれる薬用せっけんです。

ニキビの予防や改善に有効ですが、普段の何気ないお肌のケアに気を使ってこそ、その効果を十分に発揮することができます。

ニキビを改善したいと思うなら、ノンエーで洗顔してるから大丈夫なのではなくて、お肌の事を考えた行動を合わせてこそその効果が実感できるのです。